iphoneを新しいのに変えてみた

新しいiphone

私事ですが。

iphoneを新しいのに変えてみました。

思い起こすこと二年前、iphone5に変えました。iphone5からの大きな変更点は、3G回線からLTE回線への変更でした。そしてiphone5は高速通信ができるというの一番の売りでしたが・・・・。

周波数が大きい通信隊を使うので、電波を遮蔽しやすい建物にいるとLTEは使えない。

車などの高速移動を行っている最中はLTEは使えない。

と夢見た高速通信とはあまりにかけ離れていました・・・・。

そしてその一年後、低周波隊のLTEが使えるようになり、iphone5Sが一年後に発表されました。

低周波のLTEは車などで高速移動をしていても通信可能ですし。

なにより、どこでも大体入るわけです。

いいですよね~、うらやましいです。

この時に覚えたことは、通信各社の通信規格の予定は重要

まっ重要なんですよね。

 

なぜかっていうと、携帯電話は一括支払いで機種代金を払うなら自由だけど。

分割支払いにすると、違約金を結構払わないといけない。

そして携帯電話の機種代金は決して安いものではない。

なので、自分の使い方にあった機種を選ぶ必要があるわけです。

僕のスマートフォンの使い方は基本的には仕事で使うMACBBOKのデザリングです。

それ以外は宿の予約と、電車の時間検索、あとは少し動画をとったり写真を撮ったりぐらいなものです。

というわけでハイスペックなものはいらないということがわかっていますので。

毎月の電話料金をいかに安くするかということも今の命題でした。

というわけで、2014年10月1日~2014年10月31日までauでは iphone5を結構な値段で下取りしてくれます。

僕の場合は34000円で下取ってくれました。

ですが、この下取りはauのポイントなので、auでまた買わないと使えないんですね・・・・。

auでandroidに替えるという手もなくはないのですが、今までアプリ等も買ってますしね。

移行するのもばかばかしい、そして何より今ならiphone5sとiphone6とiphone6plusと選べるわけです。

僕の使用方法からして、画面が大きくなる理由も。

カメラの精度がほんの少し上がる理由もないわけです。

何より下取りを踏まえて考えるなら、iphone5sなら追加で2万円とちょっと。

iphone6なら追加で4万円を少し切るくらい。

iphone6plusなら4万円ともうちょっと必要なくらい。

そして今後予定されている大きな通信規格の変更は、auだとキャリアアグリケーション。

低周波のLTEと高周波のLTEを合わせて最大150Mbpsになるというものです。

低周波のLTEだけと考えると約二倍になります。

既存規格の2倍程度の速度なら条件次第でそんなに変わることはないでしょう。

そして今後想定されている一番の大きい通信規格の変更はLTE-advancedというものがありますね。

これはdocomoが2016年以降に予定しているもので現在の速度の10倍以上の速度が出るようにする規格です。

現在のiphone6はキャリアアグリケーションには対応していますが、LTE-Advancedには対応していないわけです。

というわけで、今iphone5を売るのが一番ベストだと考るとして、次の機種はということで選んだのはiphone5s。

方法としてiphoen6を一回auで買って中古で転売して、SIMフリーという道もあるなとは思ったんですけど。

正直に面倒でしたのでこれを選びました。

残念ながら・・・・。

今月中にauで解約してMVNOのmineoに乗り換えと思っていたところ、ios8.02の対応ができないというわけなんです。

ちょっと初期設定でやっちまいまして、私のiphone5sはすでに8.02.

次のアップデートで、mineo使えるようになるといいな~。

毎月の利用額は大体 8000円くらいでしたが、今回のiphone5sは下取りポイントと、ポイントでで実質負担0円で機種変更。
今後の利用額は、毎月6000円程度までに落ちることが今回確認されましたが。

毎月7Gも通信しないこと、ならびに電話もほとんどsmatrtalkで足りており、使わない状態になってきているので。
MVNOに乗り換えると、毎月2000円程度まで通信費用は落ちるので非常に魅力的だな~と思っているのですが。

なかなかどうして、mineoさん頼みという何とも切ない感はいなめませんね~。